子供の名前を命名する時の、知っておきたいポイント

名前の由来がしっかり説明できるようにしよう

子供に名前を命名する際、ポイントとしてしっかりその名前をつけた由来が説明できるようにすることが大切です。名前を命名する際は、それぞれ色んな理由や思いを込めてつけるものです。また、子供が成長することで一度はどうしてこの名前をつけたのと聞かれることもあるでしょう。その際に、しっかりどういう理由でどういった想いから名前にしたのかを説明出来るようにしておきましょう。また、名前に使用している漢字なども由来にそってつけるようにすると尚よいです。

書きやすい漢字を使用する

子供の名前を命名する際、色んな漢字を探してつけると思います。ですが、できればあまり難しい漢字を使用せずにわかりやすく書きやすい漢字が望ましいでしょう。なぜなら、小さい子供のうちは漢字を書くのが苦手でうまく名前が書けないという事がおこる可能性があるからです。他には、今の時代パソコンなどを多く利用する機会が増えてきていますので、ポイントとして自分の名前をパソコンで漢字変換する際に、変換可能な漢字を使用するという点でも時代に合わせた名前といえます。

名前の画数などをしっかり考える

名前の命名の際に気をつける点として、名前の漢字の画数があります。あまりこだわらないという人もいますが、まだまだ画数から読みとれる運気というものも気にする人は多いでしょう。その為、名字と名前を合わせた画数が良いかどうかもしっかり考えて命名するのがポイントです。また、子供が女の子の場合ですがお嫁に行くことを想定し、名前自体をひらがなでつける場合もあります。結婚後の名字の画数に名前を漢字に変えられるようにという親の想いが感じられますね。

新しい命が誕生した時、ぬいぐるみやペットなど新しい家族や仲間を迎え入れた時、貴方が付ける名前によって命が宿ります。その命を育み、どんな言葉よりも雄弁に表現できるものこそが「命名」には込められています。