ストローを使った手作りおもちゃで遊ぼう!

今だからこそ手作りのおもちゃを

イマドキのおもちゃはSDカードを挿入することで新しい機能が更新されたり、スマートフォンを連動させたりすることで遊びの可能性が広がるものが多いですよね。幼児向けのキャラクターグッズだけではなく、一見デジタル化とは無縁の赤ちゃん向けのおもちゃにもそのようなものが出ているのにはびっくりですよね。でも、そんなおもちゃが増えているからこそアナログな手作りおもちゃという原点に返ってみましょう。身の回りの物で作れますよ。

ストローロケットを作ろう

コンビニやファーストフード店に言ってドリンクを買うと必ずついてくるのがストローです。コンビニでは多めにつけてくれる店員さんもいるので、無料でもらえるストローも余りがちです。そのまま捨ててしまうくらいならおもちゃにして遊びましょう!余ったストロー等を使うだけなので費用も掛かりませんし、とっても簡単に作れますよ。ストロー一本で作れるものから、曲がるタイプのストローと太めのストローの二本を駆使したもの、牛乳パックと合体させたものなど色々なストローロケットがあります。

ストローロケットのメリット

ストローロケットは作り方に違いがあっても、共通する要素はストローを口で吹いて遊ぶというものです。童心に帰って遊ぶのもいいですし、口の筋肉を使うので、子どもやお年寄りにぴったりです。おじいちゃんやおばあちゃんが孫におもちゃの作り方を教えながら一緒にストローロケットを飛ばせば、コミュニケーションも深まるうえに筋トレにもになるんですよ。一からおもちゃを作ることで創造性も高まりますし、遊び方を自分で考えさせるのも教育になりますよね。

フィギュアの買取の通販サイトでは豊富な知識を生かすことによって、高価で引き取ってくれるので非常に便利です。