自宅でも演奏できる楽器とは!その特徴について

習い事の定番「ピアノ」

自宅でも楽しめる楽器として、代表的なもののひとつにピアノがあります。習い事の定番としても人気が高いピアノは、多くの人が親しみを持って演奏しています。定期的な清掃や調律をする必要がありますが、一度購入することで長く使うことができるのも特徴です。また、自宅にピアノを置くスペースが無いという場合には、動かすことのできる軽い形状のものや、キーボードを購入するという手もあります。聴く者を魅了する音階を奏でることができます。

まるで演奏会「バイオリン」

自宅で演奏できる楽器、2つ目はバイオリンです。バイオリンは弦楽器の一種ですが、弦楽器の中でも比較的小型になります。しかし、演奏会などでは常に主役的存在、さらにはバイオリンソロで演奏することもある、大きな役割を果たす楽器なのです。バイオリンの楽譜はピアノの楽譜とほとんど変わりませんので、五線譜に書かれた音符が読める人であれば気軽に始めるおkとができるのも大きな魅力です。世界的に愛されている楽器です。

バンドでもかっこ良く演奏「ギター」

自宅で演奏できる楽器の紹介、最後のひとつはギターです。ギターはロックバンドをはじめとしたバンドグループで利用することが多い楽器で、花形的存在でもあります。ギター単体でも音楽を楽しめますし、ドラムやベースなどと掛け合わせることでより一層魅力的な音楽を作り出すことができます。ピアノやバイオリンと違って楽譜が独特であること、コードを覚える必要があることなど、いくつかの難点を乗り越える必要がありますが、そのかっこ良さは多くの人を魅了しています。

社会人教室で人気なのが、サックス教室です。金管楽器は、大人になってからでも上達が見込めます。お値段も数万円程度と手ごろなため、購入してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。